体力とは

体力とはなんでしょうか。
体力が無い、体力の限界などと言うことがあります。
体力とは一言で言えば労働や運動に耐えうる身体能力ということになります。
体力がないと言えば十分な運動をするだけの筋力や持久力が無いということでしょう。

体力というのをもう少し細分化してみると、
持久力と筋力があり、更に敏捷性や柔軟性も関わってきます。

持久力というのはスタミナのことです。
もう少し具体的に言うとどれだけの時間運動し続けられるか、
体を動かし続けれるかということです。 続きを読む »

 

体力がない

体力がないとはどういうことを言うのでしょうか。
体力がなければ十分な運動が出来ずに、学習や労働に影響を与えてしまいます。
無理をして体を動かせば、体に負担をかけて体をこわすことにもなります。

健康に大切なのは、
持久力、筋力、柔軟性、筋肉や脂肪の割合の体のバランスです。
体力がないという場合は、この中で筋力と持久力がない場合になります。
持久力は心臓と肺の持久力、筋力の持久力になります。 続きを読む »

 

体力をつける方法

体力をつけるにはやはり体を動かすことです。
どのような運動をすればいいかと言うと、軽い運動を長い時間続けます。
断続的に体を動かすことによって心臓や肺、筋肉を慣らすと同時に筋力もつけていきます。
運動をする場合は1時間前後行うのが良いでしょう。

また、軽い運動を長時間続けることによって、
体の中の脂肪分を効率的に燃やして、筋力もつけていくというメリットがあります。
これによって体の脂肪と筋肉のバランスも調節することができます。 続きを読む »

 

運動しないとどうなるか

運動しないとどういうことがおきるか。
運動しなければ当然体力が落ちていきます。体を支えるための筋肉が痩せていきます。
筋肉が痩せれば少し血管も少なくなります。
筋肉が痩せてくると取り込んだ酸素も使うことが出来なくなり、
エネルギーを生み出す力もなくなってきます。

運動しないと心臓に負担が掛からなくなるので、
心臓の筋肉も痩せてしまいます。それに伴って心肺機能も低下してしまいます。 続きを読む »