体力を維持させるために

体力は20歳ぐらいでピークに達し、その後は落ち続ける一方です。
病気になったりすれば尚更早く体力は衰えていきます。

そのために体力を維持するにはどうすれば良いのだろうか。
体力と言えば持久力、心肺機能の維持、そして筋力が重要になってきます。
体力を低下させないためには日々の運動が必要です。
毎日少しの運動をすることで体力低下を防げます。

ではどのような運動をどれぐらいすれば良いのでしょうか。
前提として行う運動は楽ではないけど無理をしない程度の運動が良いです。
息が弾むぐらいで数十分続けられるのが良いでしょう。

具体的にはジョギングやサイクリング、
家でやるならステッピングやダンベル運動などです。
また、行う時間は特に決まっていませんが、
可能ならば20分以上、理想は1時間ぐらいがベストです。
20分ならば空いた時間を見つけて運動を行うことができます。

また、日頃の通勤や通学の時間を使って運動するのも良いでしょう。
通勤や通学をサイクリングや徒歩にしたり、一つ手前の駅で降りて歩くなどの方法です。

何もしなければ体力は自然と衰えていきます。
そのために、日々運動して衰えないようにすることが必要です。