体力と食事

体力をつけるためには食事は重要な要素です。
食事をしなければ体力が落ちるばかりではなく、栄養が無くなり、最悪死に至ります。

体力アップにトレーニングをするのは良いことです。
しかし、忙しいからといって、食事もせずにトレーニングするのは逆効果です。
トレーニングで疲れ、筋肉の回復も十分に出来なくなり、トレーニング効果を低くするだけです。

体力をつけるためには、
空腹のままトレーニングしないようにしましょう。
その状態で運動すると体に無理な負担をかけてしまいます。

また食事はバランス良くとりましょう。
バターや肉の脂肪は運動するときのエネルギーになります。
魚や肉や卵のタンパク質は筋肉を作り、そして疲労した筋肉を回復させます。
また、水分を摂取する場合は少しずつ何回かに分けて摂取するのが理想です。

ビタミン、ミネラルも生活していくと不足しやすいです。
ビタミン、ミネラルは体内でエネルギーを作る場合や疲労回復する場合に必要になります。
いくらタンパク質や脂質を摂取してもエネルギーにならなければ意味がありません。
いかに食品から効率良く摂取するかが重要です。
サプリメントで補うのも良いかもしれません。