体力に関する栄養素

体力をつけるには食事が大切です。
一見関係ないように思えますが、食事をしてエネルギーを生産できなければ、
体力をつけていくことは難しいのです。

体力に関係する栄養素はいくつかあります。

体力そのものに関係するには炭水化物です。
炭水化物は消化吸収されるとグリコーゲンになり、運動するときにブドウ糖に変化して
エネルギー源として使われます。

筋力をつけるにはタンパク質を摂取することです。
タンパク質は肉類や魚、乳製品に多く含まれます。
ただし、肉や魚には脂肪も多いので筋肉を付けようと肉や魚を食べると脂肪もついてしまいます。
そのため、脂身の少ない部分を食べる、煮たり焼いたりして食べるなどの工夫が必要です。
大豆も低脂肪でタンパク質を多く含みます。

食べたものを効率よく吸収させるためにはビタミンを摂ります。
また、疲労回復にもビタミンBやビタミンCが効果的です。
ビタミンCはすぐに消費されてしまうのでこまめに摂るようにします。

更に血行が悪くなると栄養素も体中に行き渡らなくなるので、
水分を摂取して血行を良くします。
汗をかいたら水分を摂取するようにしましょう。
ただし、あまりに水分の摂りすぎは逆に胃壁を傷つけたり、貧血になったりと危険です。
食べ物もそうですが良いからと行って摂りすぎは危険です。
バランス良く摂取しましょう。