肥満

肥満は正常な状態よりも体重が多い状況のことを肥満といい、
標準体重を基準に計算することにより、肥満かどうかわかります。
標準体重よりも20%多いと肥満と言われるようになります。

肥満の原因は食生活や遺伝などの原因がありますが、
運動不足も肥満になる原因の一つです。
運動不足から来る肥満は、おのずと体力も低下します。
体力低下と肥満から運動しようにも運動できないという場合もあります。

また、肥満は体に負担もかけるので、
高血圧や糖尿病、動脈硬化などを誘発するおそれもあり、
運動自体しない方が良い場合も出てきます。

肥満を治療するには、
食事療法や運動療法、外科的治療、内科的治療などその人に合わせて行います。
有酸素運動も肥満解消には最適です。
肥満になってしまってはなかなか標準の体重に戻すのは大変です。
肥満は体力低下とともに、他の病気も併発する危険性も含んでいます。