体力低下を防ぐ方法

体力の低下を防ぐと言うことは、筋力や持久力の低下を防ぐという事ことです。
更に言えば体を動かすことを心がけるのが良いでしょう。

何らかの病気などによって寝たきりの場合は、必然的に体を動かさなくなってしまいます。
そうなると、日を追う毎に筋力はやせ衰え、体力も低下していきます。 続きを読む »

 

体力と食事

体力をつけるためには食事は重要な要素です。
食事をしなければ体力が落ちるばかりではなく、栄養が無くなり、最悪死に至ります。

体力アップにトレーニングをするのは良いことです。
しかし、忙しいからといって、食事もせずにトレーニングするのは逆効果です。
トレーニングで疲れ、筋肉の回復も十分に出来なくなり、トレーニング効果を低くするだけです。

体力をつけるためには、
空腹のままトレーニングしないようにしましょう。
その状態で運動すると体に無理な負担をかけてしまいます。 続きを読む »

 

体力に関する栄養素

体力をつけるには食事が大切です。
一見関係ないように思えますが、食事をしてエネルギーを生産できなければ、
体力をつけていくことは難しいのです。

体力に関係する栄養素はいくつかあります。

体力そのものに関係するには炭水化物です。
炭水化物は消化吸収されるとグリコーゲンになり、運動するときにブドウ糖に変化して
エネルギー源として使われます。 続きを読む »

 

体力と年齢の関係

体力と年齢というのは確実に関係があります。
一般的に体力は20歳がピークと言われています。
20歳を超えて運動をしなければ体力はどんどん落ちていく一方です。

20歳ごろの筋肉が強く柔軟であり、
この頃に鍛えると、筋肉はどんどん強く柔軟になっていきます。
しかし、それを過ぎ、30歳、40歳となっていくと逆に筋肉は硬くなっていきます。
そのため、少しの運動でも疲れやすく、体の節々も痛むことがあります。 続きを読む »