体力がない

体力がないとはどういうことを言うのでしょうか。
体力がなければ十分な運動が出来ずに、学習や労働に影響を与えてしまいます。
無理をして体を動かせば、体に負担をかけて体をこわすことにもなります。

健康に大切なのは、
持久力、筋力、柔軟性、筋肉や脂肪の割合の体のバランスです。
体力がないという場合は、この中で筋力と持久力がない場合になります。
持久力は心臓と肺の持久力、筋力の持久力になります。

少し動いただけで疲れてしまうのは、
心臓や肺の持久力や筋力が無いといことです。
力がないと言ってもいいかもしれません。
座っているだけでも、または立っているだけでも人間は筋肉によって体を支えています。
椅子から立ち上がるだけでも大変な場合や、
少し歩くだけでも足が痛くなってしまう場合などは筋力が不足しています。

体力がないと感じる場合は、
この持久力と筋力を付けていくことです。
無理なく体に過度の負担を掛けることなく体力を付けていくのが良いでしょう