体力をつける方法

体力をつけるにはやはり体を動かすことです。
どのような運動をすればいいかと言うと、軽い運動を長い時間続けます。
断続的に体を動かすことによって心臓や肺、筋肉を慣らすと同時に筋力もつけていきます。
運動をする場合は1時間前後行うのが良いでしょう。

また、軽い運動を長時間続けることによって、
体の中の脂肪分を効率的に燃やして、筋力もつけていくというメリットがあります。
これによって体の脂肪と筋肉のバランスも調節することができます。

持久力をつけるには、激しい運動をする必要はありません。
長い時間に何回も動作を繰り返すと言うことが重要になってきます。
トレーニング器具やジムに通うというのも悪くないですが、
自宅などでも時間がある時に簡単な運動をするだけでも持久力がつきます。
座っていても手を上下に動かすことや、
寝ている場合でも足を上下に動かすことなど簡単な運動で構いません。

反対に筋力を付ける場合は筋肉に強い力をかける必要があります。
この場合は重い物を持ったり走ったりすることが必要です。

体力が無く体力をつけたい場合は、
今自分に持久力が必要なのか、筋力が必要なのか、
それとも両方必要なのか、ということによってそれぞれ違ってきます。