背筋運動

背筋運動は背中やお腹を鍛え、猫背や姿勢を良くすることにも役立ちます。
少しのスペースがあれば出来る手軽なトレーニング方法です。
背筋は筋肉と比べると効果が表われずらいので地道に継続することが大切です。
背筋を鍛えることで腰痛の予防にもなります。

背筋運動の基本的なやりかたは、
1、うつ伏せになり、手を頭の後ろで組む
2、ゆっくりと上体を反らす、同時に両足を持ち上げる
3、ゆっくりとうつ伏せの元の体勢に戻る。
4、2と3の繰り返し。

背筋は背筋を伸ばして立っている上体を保つために重要な筋肉です。
立ち仕事や歩くことが多い場合に必要になります。

背筋を鍛える場合は腹筋運動も同時に行い、
背筋と腹筋をバランス良く鍛える必要があります。
背筋だけが強いとヘルニアになるおそれがあります。
背筋運動と腹筋運動はセットで行いましょう。