腹筋運動

腹筋運動は、体力トレーニングのなかでも腕立て伏せなどと並んで有名な運動です。
腹筋は走ることによっても付きますが、室内で出来る腹筋運動は毎日行うことができます。
腹筋は他の筋肉と比べて回復が早く、毎日行っても良いです。
基本的にはシフトアップと呼ばれる方法でトレーニングを行います。

シフトアップの方法は、
1、仰向けになり両手を後ろで組む。
2、上体をゆっくりと起こす。
3、起き上がった上体をゆっくり元に戻す。
4、2と3の繰り返し。

手の位置を変えれば負荷を調節できます。
頭の後ろで組む場合が辛いときは胸の前で手を組んでシフトアップを行うと負荷が減ります。
また、シフトアップの際は膝を伸ばすして行うと腰痛になるおそれがあります。
可能なら両膝を立てて行いましょう。

腹筋運動は体の中心の筋肉を鍛え、全身のバランスを整え、腰痛を防ぐ役割も果たします